レンタルオフィス 東京

東京のレンタルオフィスは大きく分けると個室タイプと完全共有型のフリースペースやシェアオフィスがあります。個室タイプの場合は、1名から利用出来るコンパクトスペース、少人数が利用出来るタイプなどがあります。個室タイプの場合は、自分達以外が利用する事がないので、一般的な貸しオフィスを利用する感覚でビジネスを進める事が出来る魅力を持っています。シェアオフィスやフリースペースは、オフィスを利用するすべての人々が設備やスペースを共有するタイプで、隣の席に座っている人は自分とは全く違ったビジネスを行っているケースが多くあります。料金的には、個室タイプの方がフリースペースやシェアオフィスタイプよりも高くなりますが、企業秘密などが多いビジネスなどの場合は個室タイプがお勧めです。

駅から近く、設備が豊富な施設も多くあります

東京のレンタルオフィスの利用形態としては、個室や専有タイプ、フリーアドレスタイプのフリースペースやシェアオフィスなどの共有タイプ、中には時間貸しのサービスや住所などのレンタルが出来るバーチャルオフィスサービスなどを用意している施設もあります。都心の中でも利便性が高い環境にある施設が多く、最寄り駅まで徒歩圏内はもちろんの事、場所によっては駅から地下街を歩いてオフィスがあるビルまで行き来が可能な施設もあります。オフィス内の設備やサービスが充実している施設が多くあるのも特徴で、机や椅子、OA機器やファックス、ネット回線など仕事に必須となる設備、貸し会議室などのレンタルスペースを確保している所が多くなっています。また、法人登記でも利用出来る、受付や電話対応、一人でビジネスを進める人に魅力的な秘書サービスも用意してあります。

受付や秘書サービス、電話対応は一人の会社でも便利なサービス

レンタルオフィスはオフィスを借りる時の費用が安く済む、さらに一人で会社を作った時などは自分が営業回りをする事になるため、オフィスを不在にするケースが多く、自分が不在時に大切なお客さんが訪れるとビジネスチャンスを逃してしまうケースもあります。東京のレンタルオフィスの多くが、秘書サービスや受付のサービスを提供しているため、自分が外出している時でもお客さんの対応をして貰う事が出来るメリットがあります。こうしたオフィスを利用する時には、時間に関係なく使える所が良いと感じる人は多いと言えましょう。残業したい時など時間制限が設けられていると、仕事を家に持ち帰らなければならないケースもあります。東京でサービスを提供している会社の多くが24時間利用可能にしているので、明日までにやらなければならない仕事がある時など時間を気にせず利用出来る魅力もあります。