レンタルオフィス 東京

起業をしようと思ったら、まずは事務所・オフィスの場所を確保する必要があります。東京ならオフィスビルは沢山あり物件供給量は充分です。しかしながら、自社のおかれた条件にあったオフィスが見つかるかというと必ずしもそうではありません。まして起業直後は売上も小さく、極力固定費は抑えたいところなのに、オフィスを賃貸するとなるとそれだけでかなりの出費となります。これを抑える最善の方法がレンタルオフィスです。これによってスタートアップ企業にとって重要な固定費の低減や設備投資の負担軽減を行うことが可能になります。初期の負担増を極小化することによって、その分の浮いた経費を他の重要課題に振り向ける事が出来るので、より早いキャッチアップが可能になるのです。

高騰するオフィス賃料への対応の最善策

現在、日本は戦後最長の景気拡大の中にあります。特に大都市圏への人口や資本の集中は加速しており、結果的に東京の局所的なオフィス需要の高まりを迎えています。このため、オフィスビルの空室率は極めて低い値となっており、その結果として賃料は高騰し始めています。これは資金力の乏しいスタートアップ企業にとってはかなり厳しい状況です。オフィスを借りるためには家賃だけでなく敷金・礼金も必要です。ただでさえ資金に余裕がないところにこれらの初期投資が膨大になれば、事業資金を消耗してしまうことになり、最悪の場合には資金ショートすら起こしかねません。このような危険を回避する方法がレンタルオフィスの利用です。具体的に何が企業にとってメリットがあるのか、次項で見て行きましょう。

レンタルオフィスで固定費を極小化

東京で賃貸オフィスを借りるのは莫大な費用がかかります。また、オフィスに必要な各種の設備も購入しなければいけません。その費用は企業の資金繰りを圧迫します。しかし、レンタルオフィスであればこれらの問題を一挙に解決することが出来ます。まず、敷金や礼金が要りませんので、初期投資額はぐんと抑えられます。また、最低契約期間も非常に短いので、小回りが利きます。さらに、机や椅子、キャビネットはもちろん、電話やFAX、LAN回線なども用意されているのが非常に大きいメリットになります。オフィス開設の際にこれら設備、備品にかかる経費は小さくありません。購入すれば資産ともなり経理の処理も面倒ですが、レンタルであれば一括で費用計上出来るので、設備投資を抑えられるのと同時に会計上も有利になります。このように資金の少ないスタートアップ企業には利用する利点が多いのです。