レンタルオフィス 東京

なるべく低コストで起業をしたくても、事務所を賃貸契約するとなると、保証金が家賃の12カ月分ほど必要だったりと起業前の準備資金で経費を使うことになります。最近はIT分野などの起業はパソコン一つあればできるような内容が多く、きちんとした自社ビルを用意しなくてもパソコンとデスクさえあれば即仕事をすることができるという若手社長が選ぶ方法としてレンタルオフィスというのがあります。6畳一間程度の広さから、来客用の応接室もあるような2DKの広さなど様々で、どの部屋もインターネット環境が整い、駅から近くて利便性が高い場所にあります。特に敷地金額が高くて自分だけのオフィスを持ちたいという夢を持った社長が多い東京は、レンタルオフィスという手段で夢を叶えています。

東京で低コスト起業をするなら作業場はここで。

株式売買や外国為替などで利益を得たり、電話番も自分で行い自分の体だけで仕事をこなす便利屋などで起業する人たちにとって、広々とした空間や駅から離れている古い建物などはあまり必要とされていません。交通網、コンビニやスーパーマーケットなどが近くていつでも軽いフットワークで動ける土地のほうが利用しやすく、低コストで借りられるレンタルオフィスを求めています。パソコンを数台置いたり、自分だけの食事が作れれば良い程度のミニキッチンとトイレがあれば充分に仕事ができるという人にとってはピッタリのマッチングができるオフィスが東京各地に多く、気軽に支払える家賃なので人気があります。地方の学生が上京してアパートを借りて生活をするのと同じような感覚で借りられるので、若手起業家に特に人気があります。

時代が変われば作業スタイルも変わります。

大企業ともなれば従業員数が多いほうが企業としてしっかりとしているというように見られがちですが、コンピューター化された時代では従業員は少なくても大容量の仕事をこなせる時代になりましたし、一人でも利益を出せることが可能です。狭い敷地でも仕事ができるわけですから、自社ビルを建てたり大きな事務所を構える必要がなくなりました。起業家が多い東京では、様々な交通網が発達しています。自分にとって都合の良い電車や路線バスを考慮して働きやすい場所でレンタルオフィスを見つけるだけで仕事ができるのです。コンビニなど夜中も手軽に食料を買うことができるほかに、スポーツジムや銭湯の近くのオフィスをレンタルする起業家も多いです。スポーツジムのシャワーや銭湯で体を洗い流せれば、わざわざ家に帰らなくてもオフィスに寝泊まりできるので通勤の手間が省けるからです。昔は地方に戸建てを購入して都心部に2時間ほどかけて通勤してくるサラリーマンが多かったですが、最近は働きやすい場所にオフィスをレンタルして自由に働くというスタイルが目立っています。通勤ストレスが軽減されることもメリットになっています。